自然の中を走るクロスカントリーコース

太陽の輝き!品川クロカンコース

品川区を流れる運河のうち、中央海浜公園前交差点から若潮橋までの間約2.5㎞は、流れに沿って京浜運河緑道公園があり、大井競馬場駅から天王洲アイル駅までモノレールの対岸を走れ、途中からは木々の間を抜ける細い道や、水辺・陸上の二手に分かれたりと、景色の変化が楽しめ、自然の木が多く、適度な木陰を作るため、ランニングやウォーキングにも向く緑道となっています。
天気の良い日は地元の人などが訪れているので、邪魔にならないようにマナーを守って走りましょう。
クルマでこの場所へ行く人は、京浜運河緑道公園には専用駐車場が無いので、大井ふ頭中央海浜公園の駐車場を利用するか、東京モノレールを利用し大井競馬場前駅から徒歩2分となっていて、都バスなら、JR品川駅東口から品91系統品川総合福祉センター下車で行くことが出来ます。
同様にランニングやウォーキングを楽しんでいる方が多いので、女性もでも安心のコースといえますし、アクセス方法が豊富で良いコースですね。

森林浴気分!茨城県民の森クロスカントリーコース

適度にアップダウンがある林道は走りごたえも十分で、森林浴気分でクロカン練習ができ、自然林を抜けると展望台があり、木陰が多いので、夏は涼しく、自然豊かなコースとなっています。
開園時間は、秋冬10月~3月・9:00~16:30分、春夏4月~9月・8:30~17:00までとなっていて、電車でのアクセスは、JR水戸駅から茨城交通バス大宮行きで40分、車では、常磐自動車道 那珂ICから車で15分です。
普段ロード走っている場合とは、違った走りとなり、刺激の入っていない細かい筋肉が自然と動員されることでバランス感覚が改善され、疲れにくいフォームになりますから、定期的に利用したいですね。

榛名山に近い!渋川総合公園クロカンコース

伊香保温泉に近い渋川市総合公園には、陸上競技場に隣接して、林の中を駆け抜けるクロスカントリーコースが整備され、コースにはウッドチップが敷き詰められ、周囲にはアジサイが咲き誇る、景観も美しいコースです。
アップダウンがあるアジサイコース3,245m・緩やかな下りと緩やかな昇りが半分づつあるアカマツコース1,000m、休憩所4カ所・水飲み場10カ所・トイレ6カ所となっているので、初めて来たときは、こういった施設の確認をしておくと、必要な時に慌てなくて済みますね。
クロスカントリーコースの利用料は無料で、予約も不要ですので、ランニングやウォーキングなど、気軽に利用でき、休日は12月29日~翌年1月3日までとなりますので、注意しましょう。
そばに伊香保温泉があるので、疲労した体を癒すことも出来る、クロカンと温泉が楽しめる場所で、アクセスは関越自動車道渋川伊香保I.C約9.3kmです。

国営武蔵丘陵森林公園クロカンコース

全長5.5kmで標高差20mの起伏あるコースは、なかなか負荷がかかり、記念塔前の急坂約1.5kmあるので、ここだけ繰り返し走っても脚力の強化になります。
施設の利用料は、公園の駐車料金が620円・入園料が410円となっていて、公園内運動広場に、有料ロッカーがあり100円で、アクセスは、東武東上線森林公園バス7分となり、駅前から歩行者用の道が2.9km整備されていますから、駅から走っても良いトレーニングになり、周辺に銭湯があり疲れをいやすことも出来、他にもマラソンコース(5㎞・10㎞)も用意されていているので、両方を利用しても良いですね。
無料開園日も年に5回あり、4月29日・5月4日・9月17日・10月21日・11月3日が無料となり、開園時間は午前9時半~4時・最大5時と季節によって異なり、年間パスポートも販売していて、気に入って10回以上利用するならお勧めで、パスポート特典は、駐車料金が、普通車620円→500円となり、他にも特典がついています。

昭和の森公園!千葉クロスカントリー大会

昭和の森公園は、千葉クロスカントリー大会が開催されていることでも有名で、芝生・森の小径やウッドチップコースなどがあり、実業団チームなども利用する本格コースとなっています。
アクセスは、JR外房線土気(とけ)駅南口より千葉中央バスあすみが丘ブランニューモール行き、昭和の森西下車徒歩5分・あすみが丘東4丁目(ホキ美術館前)下車徒歩3分、車で行く場合は、駐車場料金が400円で、営業時間は、(4月~9月) 8:30~17:00・(10月~3月)8:30~16:30時までで、JR外房線土気駅から徒歩で20分で行くことも可能です。
冬季期間は、ランニング場所の規制があり、規制期間は混雑状況により対応するため、前後する場合がありますが12月上旬~2月上旬までとなっています。
クロスカントリーの大会もあるので、その前に何度か走って自信がついたら、出場するのも良いですね。