オススメする旅ランで気分も最高!

2018年10月9日

山形のさくらんぼマラソン!

さくらんぼマラソンは、山形で行われる、東北では随一規模を誇るマラソン大会です。
個人でエントリーすることもできますが、さくらんぼマラソン公認ツアーというものがあり、登録しておくと指定された駅を降りた後、宿泊先や会場までの移動手段が確保できます。
当日走った後は温泉で汗を流してリフレッシュ出来る等、ランナーの皆様から大好評のプランとなっていて、東根温泉泊・天童温泉泊・山形市内泊・作並温泉泊のプランがあります。
また、仙台市内発の大会公認日帰りバスツアーも実施していて、仙台市内にご自身で前泊の宿を確保し、当日はツアー専用バスで、会場までダイレクトにご移動することが可能となっています。
他にも、東根市内さくらんぼ東根温泉の素泊まり・大部屋パック、山形空港(東根市)利用の早くて便利な飛行機宿泊パックが用意され、いずれのプランも定員がありますから、早めに各店舗・施設に申し込んでおくと良いでしょう。

四万十川ウルトラマラソン!

四万十川ウルトラマラソンの最大の魅力は、コース途中では四万十名物沈下橋があり、沈下橋とは河川を渡る橋の一種となっています。
四万十川の流れを間近に感じ、雄大な自然を堪能でき、ウルトラを完走するのに重要なポイントの一つが給水・給食ですが、5km以降の約2.5kmごとに水分補給でき、5km毎にスポーツドリンク・コーラ・バナナ、20km毎にはおにぎり・パンなどの給食があります。
その他にもカステラ・みそ汁・レモン・梅干し・みかん等を準備し、ウルトラランナーをサポートしてくれる等の魅力があります。
参加するランナーの方に、大会と観光の両方をより満喫できるマラソンツアーがあり、現地までの往復チケットや宿泊まで、より楽しく安心して大会に参加できる、便利でお得なツアーが用意されているので、参加予定の方は検討しておきましょう。

富山県の魚津しんきろうマラソン!

蜃気楼の見える街、魚津を舞台に開催される魚津しんきろうマラソンは、 ハーフマラソンから2kmジョギングや、記録を狙うランナーから親子で楽しむファンランナーまで誰もが楽しめる大会となっています。
走り終わった後は魚津のおいしい魚介類を使った、毎年好評の「しんきろう鍋」を味わうことができ、ハーフマラソン・10kmは日本陸連公認コースとなっていて、前日イベントは、ゲスト3人によるトークショーとお楽しみ抽選会があります。
他にも、マラソン参加者に、魚津の観光スポット「魚津水族館」「魚津埋没林博物館」「日本海側最大級観覧車」の招待券&割引券をプレゼントされるので、マラソン大会と一緒に家族で海産物を楽しんだり、周辺の観光施設をお得に利用することが出来ますから、個人でも家族でも楽しむことが出来ますね。

北海道のノーザンホースパークマラソン大会!

ノーザンホースパークマラソン大会は、競走馬調教専用に開発された屋内坂路コースなどを走り、かつて競馬場で活躍したサラブレッドがランナーの先導を務める演出は世界でもここだけとなります。
草を食む馬の群れにいやされながら、またトレーニングを積む競走馬の気持ちを感じながら、通常の大会とはひと味違う「馬」に特化した大会で、前夜祭料理は、肉料理・サラダ各種・パスタ各種・自家製パン各種・デザート各種・ソフトドリンクバー等が家族でも楽しめ、レース中はお子様用のイベントも用意されている個人でも家族でも楽しめます。
東京発・大阪発ノーザンホースパークマラソン2018北海道ツアーもあり、往復の交通費と宿泊費などがセットになっているので、なるべく走りに集中したい方や交通費と宿泊費などの手続きが面倒な方も安心して、当日無事にコースまで行くことが出来ます。

沖縄県のNAHAマラソン大会!

NAHAマラソン大会は、沖縄県那覇市で毎年12月に開催される市民マラソン大会で、沖縄県那覇市・豊見城市・糸満市・南風原町・八重瀬町の沖縄本島南西部5市町を折り返し地点が1つも存在しない周回コースを走り、参加人数では日本最大となっています。
ANAセールスのNAHAマラソンオフィシャルツアーは、2016年からダイナミックパッケージの旅作で提供し、全国のANA国内線就航地からの航空券と宿泊施設、レンタカーなどを自由に組み合わせて旅程を組めるようになっていて、家族と旅行がてら行くも良し、観光メインでも那覇を楽しむことができ、家族は別で那覇まちま~いという那覇の魅力スポットを地元のガイドさんが案内してくれるツアーもあります。
まちま〜いとは沖縄の方言でまち巡りという意味で、ツアーは当日Web予約OK・コース時間は60分~と所要時間が異なっていて、参加料金は大人(中学生以上)1,000円〜小人(小学生) 500円〜とお手頃となっていて、コースも30以上ありますから、毎年コースを変えて参加しても良いですね。