マラソン大会参加料!高額ランキング上位

マラソン大会に出場するには、参加料が必要というのをご存じない方もいます。
数千円~数万円まで、さまざまな参加料の差があるのはなぜなのでしょうか?
調べてきたので、よろしければご覧ください。

1位の参加料、運営費、行政負担

1位・横浜マラソン【参加料】15,000円【運営費】約7億円【行政負担】市1億円、県3000万円

2位の参加料、運営費、行政負担

2位・湘南国際マラソン【参加料】12,500円【運営費】 約2億5000万円【行政負担】無し

3位の参加料、運営費、行政負担

3位・ちばアクアラインマラソン【参加料】12,500円【運営費】約5億円【行政負担】※千葉県1億7500万円・木更津市約500万円

4位の参加料、運営費、行政負担

4位・京都マラソン【参加料】12,000円【運営費】約5億5000万円【行政負担】京都市 約1億円

5位の参加料、運営費、行政負担

5位・名古屋ウィメンズマラソン【参加料】12,000円【運営費】※7億7117万円【行政負担】名古屋市5000万円愛知県5000万円

ほとんど都市部のマラソン大会ですね。
うわっ高いと思うと同時に、赤字とすぐわかるくらい収支があっていません。
都市型マラソンは意外と経費がかかり、交通規制のための人件費が地方に比べて多くなりますし、参加人数が多ければそれだけ運営に人が必要になりますからね。
表彰式や抽選会といった様々なイベントをステージで行う必要があり、その他にも、交通規制費・警備費・広告費・人件費などが発生し、特に人件費が大きな部分ですが、ボランティアの方々のおかげで何とか成り立っている状況となっています。

マラソン大会は参加費用だけでは賄えない

マラソン大会というものは選手の参加費用だけでは賄えず、協賛金など他にさまざまな収益があってやっとマラソン大会を行うことができます。
マラソン大会の公式HPを見ると、協賛企業のロゴが沢山あるのに気づくと思うので理解していただけるでしょう。
では、なぜそんな厳しい状況でマラソン大会を運営するのでしょうか?

マラソン大会を開催する理由とは

マラソン大会の主催者側から何億というお金が動いているのに利益は良くてたったの数万円です。
それでもマラソン大会が行われるのはスポンサーが宣伝効果を期待して協賛金を出すことや、人が集まることによって街を活気づけることができるからです。
日本のマラソン大会は、第1回の東京マラソン開催以降、全国各地で市民マラソン大会やランニング大会が激増し10年で約3倍に増え、世界でもマラソンブームとなっており、ゆくゆくは世界中の人が参加する大会になるなら今は損をしても、ゆくゆくはビッグビジネスになるのなら準備しておこうという事かもしれませんね。
実際、新潟シティマラソンは、急増する海外の人を新たなランナー層として取り込む戦略で成果をあげていて、中国や台湾でも空前のマラソンブームとなっており、新潟市は台湾まで出向いて大会をPRしマラソンの時期に合わせたチャーター便の運航に成功し、外国人ランナーの消費力に加え、名産品や観光地の情報を発信してもらえると、高い口コミ効果にも期待を寄せているそうです。

街を知り、宿泊してもらう・公共交通機関利用増加
そもそも、ここまで市民マラソン大会の数が増えたのは観光需要への期待が大きく実際に走るランナーだけでなく、その家族や友人・知人が来訪するので、町おこしになり、経済効果が期待できるため、開催地の関係者は集客の工夫を凝らし、ランナーを誘致しています。
他にも公共交通機関を利用してもらえるのも大きく、マラソン大会は交通アクセスの良さも重要で、地域の鉄道会社に協力を依頼し、上下5本の特急が臨時停車することとなったり、加えて臨時列車の運行など、地域経済に一役買っているのも、マラソン大会をする理由の一つとなっています。
利便性を良くし、大会の満足度を上げてリピートランナーを増やしていけば、地域の活性化につながっていくというのがマラソン大会継続の理由となります。

アジア地域にも注目されているマラソン大会
日本のマラソン大会に参加するツアーも開催されていて、台湾では距離測定・運営方法などマラソンの基本的な水準が不十分な部分があり、台湾に限らず国際水準のマラソン大会が数多く開催されている日本は特にアジアの中で高い関心があるようです。

多様化されているマラソン大会
多様性を帯びた大会も出てきていて、大会に参加へのハードルは低くなり、モチベーションも高まりやすくなっている。
さらにランニングをサポートするウェアラブル端末も数多く登場し、IT技術を駆使し、ランニングの質をより高めようとするランナーを見かけることも当たり前の光景となり、新たな観光誘致の一環にも一役買っているマラソン大会。
これからは、もっとにぎやかな大会になるかもしれませんね。

マラソン

Posted by tkana