ランニングをしてると食事に詳しくなる?

ランニングをすることで、体と対話することが増え必要な食事を調べたくなるのは当然のことです。
そのとっかかりとなる情報を調べてきました。よろしければご覧ください。

摂取カロリーを考える

必要な食事量は市民ランナーであれば男性は1日2,600~3,000kcal、女性は1日2,000~2,300kcalの摂取カロリーが必要になり、部活動や実業団でマラソンをしている方はもっと多くの量が必要になります。
その人に必要なカロリーというのは体格や体質、運動量などによりどうしてもバラツキがある上に、自分が思っている以上に食事でカロリーをとっていたということもありますので、正確に計算することはなかなか難しいのが実情で、食事量の調整は最終的にはこまめに体重・体脂肪率を測り、その増減で自分の適量を判断するようにしましょう。
特に五大栄養素といわれる炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取することが大切で、主食・主菜・副菜・乳製品・果物のそろった献立が、各栄養素を自然とバランスよく摂取できる食事の理想になります。
マラソン選手はトレーニングでも試合でも多くのカロリーを消費し、スタミナをつけるというと肉や魚を食べることをイメージするかもしれませんが、最後まで全力で走りきるために最も大切な栄養素は糖質で、運動前にはごはん・パン・麺類などからしっかりと糖質を補給するようにしましょう。

パフォーマンスを考える

ランニングをしている時に必要な要素の1つはスピードで、筋肉の動きをスムーズな状態にするために筋肉は電気信号で動き、縮んだり伸びたりするときはカルシウムイオンが必要になり、カルシウムを摂取するには乳製品が理想で、他のカルシウムを含むものより、吸収が良くお勧めです。
人によっては筋肉の活性化だけではなく、骨も強くする事も大切で、どうしてもランナーは痛みをこらえながら走るので知らない内に骨折している場合があるため、疲労骨折などはスポーツで反復的に負荷がかかると起きてしまい、時間が経ってくるといつの間にか骨折の領域が広がり、治るのにも時間がかかってしまうので、もちろん骨の状態をよくするのはカルシウムは必要で、カルシウムの吸収を高める為にはビタミンDも取り込めるとベストですね。