夏のランニングの虫対策はどうする?!

自然の中で走ることが出来るのが魅力のランニングですが、自然の中ですからいろいろ困ることが出てきます。
そういったことの対策をしらべましたよろしければご覧ください。

虫が口や鼻に入ってくる

野外を走るので、出くわす確率は高くなりますよね、暖かくなれば仕方ありません。
河川敷や草木の近くはを走る場合は当然たくさんいるので、なるべく木の近くには寄らないようにしている方もいるでしょうけど、口呼吸しなければ口に入る確率は激減しますが、目に入ったら痛いし、服に何匹も小さい虫がくっついてて気持ち悪いし、虫だまりがいい感じに走っている場所にあって、突っ込んでしまい服が小さな虫だらけなんてこともありゾッとしますね。
走るのやめれば一気に問題解決ですが、そういうわけにもいきませんし、夏場だけジムで走るしかないのでしょうか?
そういったことにならないような対策が出来るグッズ紹介を次でするのでご覧ください。

おすすめのアイテム

服に虫が着くのを防ぐ方法
やはり天然の成分であるエッセンシャルオイルを服に吹き付ける。
虫除けとして有名なシトロネラでも良いと思いますが、ユーカリシトロドラというエッセンシャルオイルとランベンダーを合わせて、ベースオイルに加えて出来上がりです。
市販の虫よけスプレーも良いですけど値段は張りますが、天然成分のエッセンシャルオイルの方が効果が高いのでお勧めします。

目に虫が入るのを防ぐ
単純にサングラスがお勧めですが夜の場合は伊達メガネでもいいので、メガネが走る時にずれないように対策したものをつけるか、夜用のランニング用サングラス・ランニンググラスタイプNVというサングラスも今はあります。

花粉やホコリをブロックする
スポーツ用マスク・ナルーマスクをつけましょう。
普通のマスクだと、呼吸が大変ですけどスポーツ用のマスクであれば呼吸対策も出来ているので安心です。

結論は服に虫が着く場合はアロマを使う、目と口はサングラス・マスクをつけ、それがダメなら虫が活発でない時間帯(10時~16時)に走るかジムでルームランナーを使用する。
厚い寒いの対策より面倒ですが、虫が苦手な人は多いので上記の対策をして楽しくランニングしましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。