ウォーキングvsランニング、どっちがいい?!

ウォーキングvsランニング、どっちがいい?だれしも少しは考えますね。
結局のところ個人個人の目的によって変わるので、利点を調べて見たのでよろしければご覧ください。

ウォーキング

有酸素運動で一番メジャーなのはウォーキングで運動が苦手な人、日ごろ運動をしていない人でも始めやすく、特別な道具や施設もいらないので思い立ったら始められる身近な有酸素運動の一つで、ウォーキングは軽い運動なので、膝や腰などの関節を痛めにくく、心臓や肺などに負担をかけずに心肺機能を高めることができるのもウォーキングのメリットです。

姿勢改善に役立つ
ウォーキングは姿勢の改善や腰痛の改善にも大きく役に立つと言われていて、特に悩んでいる方も多い腰痛は正しいウォーキングにより緩和される可能性があり、酸素を深くたっぷり吸い込むので筋肉を活発に動かします。
特に腰や膝などは体を支える軸になる部分のため負担がかかりやすく、痛めにくい部分や筋肉をつけることで支えられなかった体を上へ持ち上げ負担を軽くしてくれ、姿勢改善に役立ちます。

ランニング

ウオーキングに引き続き有名な有酸素運動のランニングも足を痛めにくいシューズなど専用のものを履いた方がよいですが、比較的に手軽に始めることができる有酸素運動で走ることにより、一定時間両足が地面から離れることにより、ウォーキングより体にかかる負荷は高くなるので、そのため膝などに負担がかかるため初めて行う人は注意が必要となりますが、運動強度が高いため、より脂肪を燃焼する効果も上がり痩せやすい体作りに役立ち、酸素が体全体に巡り、筋力が付き、代謝が上がり、結果脂肪を燃焼していきます。

まとめ

ウォーキングとランニングどちらがダイエットにおすすめか?
まずはウォーキングでしょう。
ウォーキングとランニングといった運動経験がないような人は、まずは取り組みやすいウォーキングに挑戦してみましょう。
いきなりランニングを始めると怪我をしてしまったり、しんどくて長く続かないという場合も多いので、まずは運動習慣をつける、基礎的な体力をつけるという意味でも、負荷の少ないウォーキングから取り組んでみて、体力や筋肉がついてきたらランニングを少しづつ初めて行く方法も良いですね。
ある程度行ったら自分の目標によって、ウォーキングとランニングの割合を変えながらやり続けると体調を崩さず楽しめますのでお勧めです。