ランニングの初心者・中級者・上級者はどう分けられる?

こういったブログやまとめサイトを見ていると良く出てくる、初心者などのクラス分け。
どうやらランニングシューズメーカーが決めたようですが、基準は何を基準としているのでしょうか?
調べてきました!興味のある方はご覧ください。

初心者

楽しく走って痩せたい。とにかく楽しむ!興味がわいたらマラソン大会にも出る予定・タイム基準は無く3・5km走るようになるのが目標。
文字通りこれから走る予定の人・レースに出る予定のランナーさんのことで、週1回3~5㎞を走り切ることが初心者卒業の目安・目標としたいところです。
とりあえず楽しみならがタイム基準をもうけず走る人という事で良いのではないでしょうか。

中級者

中級者:1kmのタイム5分台、10km・50分台、フルマラソン5時間以内
初心者を卒業する定義が3~5km走れるということだとすると、中級者になるとハーフマラソンやフルマラソンへの参戦を視野に入れて練習している人ということになり、一番基準があいまいな所となっていますが、メーカーの初心者から中級者の基準はなかなかの成績となっていますね。
簡単に中級・上級者になっても張り合いがないので、少し高い?くらいがちょうど良いのかもしれません。
当然、個人の能力がモノをいうので簡単にクラスが上がってしまう人もいるでしょう。
中級ランナーは市民ランナーのひとつの目標であるフルマラソンを4時間以内で走ることを目指しているクラスで、自分の走力の向上が日々感じられて走ることが楽しくなっている人は中級者と言えるでしょう。

上級者

上級者:1kmのタイム 4分台、10km 40分台、フルマラソン3時間30分以内
中級者との分類分けが一番難しいところですが、一気に基準が上がっているような?フルマラソンもサブ4達成しているので、ひとつの目標をクリアして、更なる記録向上に燃えるランナーや、ウルトラマラソン、トレイルランニングなどにも参加する方が多いのもこのクラスではないでしょうか?
フルマラソンを4分台で走りきれるのと10kmを4分台で走りきれるのは少し意味合いと走力が違う気がします。
メーカー基準だとフルマラソンで3時間30分以内のタイムを持つランナーが上級者とのことで、アマチュアレベルではなく、もはやアスリートですね。
ここまで行かなくても良い人もいるでしょうから、まぁ色々な楽しみ方の1つと割り切って自分の楽しめる範囲で走りましょう。