フルマラソンのペース配分を研究する

ペース配分難しいですね。フルマラソンに出るような人でもどう配分すればいいのか迷うようですが、良い成績につながるペース配分は1択のようです。
知りたい方はよろしければご覧ください。

身体が軽いと思う誤認識

5キロを過ぎ、10キロあたりにかけてようやく体が温まってきます。序盤のだんご状態もばらけて、ペースが安定してくるころでしょう。
ゆとりがあって設定ペース以上にもっと上げたくなる気持ちが湧いてきますが、そこは我慢して、中間地点を過ぎるまでは、どんなに調子が良いと感じても速度をセーブする勇気が必要で、当たり前のことなのですが、走り始めは身体に疲労がなく、身体も軽いということが多いそうですが、精神的に興奮していることが多く、それらが重なってしまいペースを上げてしまうそうです。
その為、自分は今舞い上がっていると認識して、前半押さえるのが良い結果となるようです。
考えてみると話題になるくらい多くの人が後半失速するなら、逆を行ったほうが玄人っぽくてかっこいいぐらいに構えていたほうが良いというのは合点がいきますね。

最後にガンバれるが理想的

後半型が最も自己ベストを狙いやすい
自己ベストを更新するためには後半型がオススメで、前半でペースを抑えておくと気持ちにもゆとりが生まれ、体力を温存しておくことができ、後半になって体に疲労がたまってきても、メンタルと体力に余力が残っている状態であれば、ペースアップは容易にできますし、20~28kmで脚を重く感じても、30kmで目覚めたかのように脚が動き、スピードを上げることができます。
さらに、前半で体力やメンタルを使い切った状態で後半を迎えると、不安な気持ちになってしまいますが、体力とメンタルの両方に余裕を持った状態で折り返すと、前向きな気持ちに自然となるので、余裕を持って後半を迎えた方が心理的に楽です。
大切なことは、メンタルも体力も前半で残しておくことで、どちらか一方でも崩れてしまえば、必ず後でタイムは落ちますから、後半に巻き返すと信じて前半はじっくり走りましょう。
すると、後半になってペースを上げることができ、結果的に良いタイムが生まれます。
フルマラソンでは、体力とメンタルのどちらかが崩れれば、走るスピードが落ちてしまいますから、自己記録を更新するためには前半を遅く後半で徐々にスピードを上げるタイム設定を意識するようにしましょう。

マラソン

Posted by tkana