筋肉の回復には肉料理

肉、美味しいのに毛嫌いされている方もいますね。
正しい量を取れば筋肉の回復や健康に役立つ食材です、その辺を調べてきましたご覧ください。

筋肉の回復には肉料理がいい理由

健康のためにお肉を敬遠している方も多いかもしれませんが、お肉には筋肉や皮膚の元となるタンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルが豊富かつバランスよく含まれていて、スタミナ補給だけでなく、美容やダイエットの面でもお肉の栄養素はとても重要です。
スタミナ不足を端的に言うと、体がタンパク質を欲している状態を指していて、タンパク質は筋肉や体組織の修復・再生、血液や体液などの新生に欠かせない栄養素で、不足すると疲れを覚えスタミナ不足と感じてしまいます。
お肉には、野菜や穀物などの菜食では摂りいれることが難しいタンパク質が豊富に含まれているので、疲れた時にお肉が食べたい!と思うのは、とても自然な体のシグナルなのです。
お肉の特長はビタミンBやミネラルが豊富な点で、タンパク質が補給されただけでは、体の中で効率よくエネルギーに変わらず、ビタミンBやミネラルなど、代謝を促してくれる栄養素が必要で、お肉にはこれらがケタ違いに豊富に含まれていて、大豆などに含まれる植物性タンパク質もしなやかな筋肉をつくるうえで欠かせない栄養素ですが、お肉はタンパク質とビタミンBやミネラルがいっぺんに摂れて、てっとり早くスタミナ補給ができる食材というわけです。

減量には何がいい?

お肉は、筋肉の材料となる重要なたんぱく質源で、食べれば筋肉がつきやすくなり代謝アップにつながります。
また、赤身肉には脂質の代謝に必要不可欠なLカルニチンも豊富なんです。ただ食べるのではなく、肉の質にこだわって選ぶのが大切。L-カルニチンの含有量は、赤身の部分が多いほどたくさん含まれていると言われていて、肉類の中では牛肉が最も多く含まれ、次に豚肉、鶏肉と続きます。

L-カルニチンの機能性について
特に女性は貧血などの悩みを抱える人が多いですが、実は赤身の牛肉約200gで1日に必要な鉄分を摂取することができ、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に必要な補酵素としての働きを持つビタミンB群も含まれているため、積極的に摂るべき食材です。