疲労予防&回復のための食材は何がいい?

2018年5月25日

疲労がたまると1日がゆううつとなるので何とかしたいものですね。
疲労原因を予防&回復する栄養素を調べてきました。
よろしければご覧ください。

疲労予防&回復のメニューその1

疲労回復成分イミダペプチドを接種におすすめは鶏むね肉を使った料理で、イミダペプチドは鶏むね肉に100g分が、イミダペプチド200mgが接種できます。
そんな鶏むね肉レシピ炊飯器でサラダチキンを作ろう!
鳥むね肉の皮を剥ぎ、フォークで全体的を刺し、鳥むね肉にマジックペッパーソルトを練り込み、ジップロックに練りこんだ鶏むね肉を入れ、オリーブオイルを入れ揉ん後、ジップロックの空気をなるべく抜いて真空状態にして、鶏むね肉を炊飯器に入れ、浸るぐらい暖かいお湯を入れて(70度前後)そのまま保温を2~3時間してから取り出し、あら熱をとり冷蔵庫で一晩冷やしたら出来上がりです。
色々な味に変更可能ですし、ゆっくり火が通るので柔らかジューシーに仕上がります。

疲労予防&回復のメニューその2

ビタミンB1も疲労にはおすすめの成分で、ビタミンB1は、水溶性のビタミンで糖質をエネルギーに変える役割があり、筋肉や神経の疲労を緩和させる作用も持っていて、ビタミンB1が不足すると、エネルギーがつくられない状態になるため、食欲低下やだるさ、体が疲労を感じるなど様々な症状が見られるようになります。
他にも、粘膜や皮膚を健康に維持する作用もあるため、人の体には欠かせないビタミンで、水に溶けやすいという性質があるので、尿や汗から流れ出てしまうので夏に不足しがちです。

ニラ豚きのこ炒めで夏バテ予防をしよう!
マイタケは小房に分け、豚肉も食べやすい大きさに切り、エリンギも食べやすい大きさに切り、ニラは4㎝長さに、にんにくはみじん切りにして、豚肉に塩・こしょうをふりましょうこれで下ごしらえは終了!後は痛めているだけです。
フライパンにごま油を入れニンニクを炒め香りが出てきたら、豆板醤・豚肉を入れ炒めて、豚肉をを一度取り出し、きのこをしっかりと両面焼き付けきのこに焼き色がついたら、取り出した豚肉を戻し、酒・しょう油を入れ、ざっくり炒め合わせニラを入れて火を止め軽く混ぜる。
材料は好みで調節し、調味料は豆板醤・小さじ1、しょう油・大さじ2、酒・大さじ2、ごま油・大さじ2で4人分となります。

コラム, 生活

Posted by tkana