坂を走れば、楽しくて練習効果抜群です。

坂道・・・うんざりしますね。
私、高校の時5㎞坂道でしたから辛い思いでしかないです。
しかし、ランニングをする場合は良いことだらけだそうです、部分ダイエットにもなるとか?
興味のある方はご覧ください。

坂道を走るメリット

平地で100mを走るのと坂道で100mを走るのとでは負荷が違いますし、その分、心臓や肺にかかる負荷も変わり、体内に取り入れようとする酸素の量も変わってきます。心肺機能を強化するトレーニングと言えばスピード練習やインターバル走が一般的ですが、坂道トレーニングも心肺機能を鍛えることが出来るトレーニング方法として効果的です。
また、平地で行うスピード練習やインターバル走より短い距離で同じような心肺機能の強化の効果が期待出来るというのも、坂道ランニングの大きな魅力です。
坂道では平地以上に力強く地面を押し出すキック力が求められ、体を前に推し進めるためのキック力に必要な筋肉は主に裏側にある大殿筋やハムストリングス・ふくらはぎで、こういった筋肉を鍛えるのに、坂道ランニングは効果的です。
これらの筋肉を鍛えることで、坂道にも強いランナーになることが出来、大殿筋を鍛えることで、お尻をキュッと上げるヒップアップ効果も期待出来ますし、スピードアップにもつながります。

坂道を走ると早くなる?

坂道で走る練習は、心肺機能の強化や筋力のアップといった効果だけではなく、ランニングフォームの改善にも効果があります。
坂道は平地に比べて負荷が強く、つらいものです。そのため、ランニングフォームに無駄な動きがあると、平地以上にその影響が出て疲れやすくなります。そういった影響を受けないように、出来るだけ疲れにくく楽に走れるように工夫することで、自然と無駄が無く効率よいフォームを身に着けることが出来て、特に腰の入ったランニングフォームを身に着けるのに効果的となります。
坂道では自然と前傾姿勢になるため、骨盤が前傾し腰の入ったフォームを身に着けることが出来、腰が落ちたフォームだと重心が踵に乗ってしまい着地時にブレーキがかかり前に進みにくくなりランニング効率が落ちてしまいますが、腰が入ったフォームだと、重心が前に乗り前に進みやすくなりランニング効率が良くなります。
坂道は腰の入った、いわゆる腰高フォームを身に着けるのに丁度良い練習となりますし、スピードを出せないのでスピード出し過ぎによるケガも防げます。