早く走ると脂肪は燃焼しやすい?

痩せるためにどうしても避けては通れない脂肪燃焼に関して調べて見ました。
すぐ読めるので、よろしければご覧ください。

脂肪燃焼の基本

脂肪を燃焼するということは、体が脂肪を酸化させ、その脂肪を炭水化物の代わりにエネルギーとして燃焼することをいいます。
脂肪の分解には酸素が必要なので、ランニングなどの有酸素運動で最も多くの脂肪が燃焼されます。

食事の前に走る
私は朝食前、もしくはそれができない場合は夕食前に走るようにしています。
何故なら、胃の中に何もない状態で走ると、カラダがすぐに蓄えておいたタンパク質や脂肪を消費しようと働きかけ、すぐに消費しやすい状態に持っていきやすくなりますが、この食事前と言うのはある意味エネルギーが一番足りない状態なので、無理にすると危険です。

筋トレで脂肪燃焼体質には
その為には、筋トレを行って筋肉を増やす必要があり、筋肉が増えるとその分だけ消費カロリーが増えますから、省エネ体質とは逆に脂肪燃焼体質になる訳です。
こうした脂肪燃焼体質はランニングには適していませんが、脂肪の燃焼効率が上がるのでダイエット効果はアップします。
また筋肉が増えると基礎代謝が上がりますから、日常的にも消費カロリーが増加して痩せやすくなり、こうした意味で、痩せる目的でランニングを行うなら筋トレと並行する事が理想的、天候などで走れない場合は、家で筋トレを取り入れると良いですし、余裕があれば筋トレ後にランニングをすればより効率がよくなります。

ゆっくり走るのと早く走るどう違う?

走行中の脂肪燃焼という観点で考えると、心拍数があまり上がらないゆっくりとしたペースで走る必要がありますが、筋肉を鍛えるには、ある程度心拍数が上がるペースで走る必要があります。
また、心拍数が無酸素レベルまで上がると、ためてある炭水化物からのエネルギーを必要とするので、脂肪ではなくグルコースの燃焼が加速され、運動後には脂肪の燃焼へと移行します。
これは人がしばらく食事をとらなくなっても生きていけるように、脂肪は最後まで取っておくメカニズムが働くからです。
要するに、速く走っている間は無酸素トレーニングとなり、カロリーの方が燃焼されますが、ゆっくり走っている間は脂肪が燃焼されるということです。
より効率的に脂肪とグルコースを燃焼するには、ゆっくり長くと速く短くの両方をうまく組み合わせるインターバルトレーニングがおススメです。