毎日ジョギングはダイエットに効果があるのか

花粉のピークも過ぎ、暖かくなって外に出るのも楽になってきました!
ふと、体を見ると見に覚えのない肉が・・・。
そんなあなたにお勧め、運動が苦手の人も気軽にできるランニングのご紹介です。

効率の良いダイエット

ジョギングをして筋肉量を増やすことで、基礎代謝を上げることができて、体を温め可動域も上げることができます。
また、走ることに慣れていない初心者のうちはジョギングだけでも十分な運動になり、脂肪燃焼に必要な時間は、30分と短時間で済むので時間がかかるのはちょっとという人にもおすすめの運動となり、1日に消費するエネルギーの70%は基礎代謝によるものと言われていますから、基礎代謝を高め脂肪を燃焼しやすく痩せやすいカラダになり、体重がある人ほど効果が上がるので効率も良いといえますね。
ただ、体重のある人はいきなり始めると体に負担がかかるので、準備体操を念入りにしましょう。

毎日走るメリット

目に見える最大のメリットは体が引き締まり、ダイエットへの効果が高まり、凝り固まっていた体をほぐし、血流を良くしたりするので、体内の機能が活性化されます。
他にも、ちょっと体を動かしただけで、脳内で発生するセロトニンが分泌され、自律神経を整え神経を落ち着かせてくれますから、無理なく続けられるペースで続けてみましょう。
それに、運動習慣がある人は眠りにつきやすいという研究が報告されていて、運動が習慣になるほど、寝つきが良くなり深い眠りができるようになるようです。
就寝の3時間位前までに、軽く汗ばむ程度走るようにすればより眠りにつきやすくなりますが、就寝直前、また激しい運動は交感神経が優位になり、かえって逆効果になりますので注意しましょう。

毎日走るデメリット

加減をせずに激しくやりすぎた場合、膝や腰などを痛めてしまったり、基本回復が追いつかないように感じたり(走りが重くなっていく)精神的に辛くもなります。
また、低いパフォーマンス力で行うより回復にあて、後日ジョギングをしたほうが効率的なこともありますからあせらず、別のトレーニングに変更するか(筋トレ上半身中心)、疲労回復に努めましょう。
焦ってもやめるきっかけになってしまっては意味がないので、続けてこそ意味があるので無理なく続けていきましょう。