新潟シティマラソンの特徴を攻略しよう!

これから新潟シティマラソンの特徴や攻略に関する情報を書きます。

新潟シティマラソンの特徴

新潟市は日本最長の河川である信濃川が海に注ぐ地点です。
新潟シティマラソンのコースは、新潟市内の中心部にあるスタジアムを出発し、万代島と呼ばれる繁華街エリアに向かい、海岸から信濃川を遡上するように走っていきます。
コースの殆どは川沿いか海沿いで、走りながら火照った身体を自然にクールダウンできます。
ルートの途中には新潟市のシンボルマークでもある萬代橋も含まれています。
繁華街、海岸通り、川沿いと、景色が常に変化するので、普段生活する新潟市民の方から観光で新潟市を訪れる方まで楽しみながら走りきることができます。

新潟シティマラソンを攻略するには

2017年では地上のコースは最大高低差が10m以下となっていました。
したがって普段のワークアウト練習をしっかりクリアしていけば、初心者でも無理なく完走できるコース設定です。
マラソンのコースとしては、水辺を走る区間が長いので、強風や突風が予想されます。
防風機能が高いウエアや、サングラスで対策をするのがベターです。
また開催日も10月ですがまだまだ暑さが残っていることが想定されます。
屋内ジムのランナーもいいですが、夏場からしっかり屋外に出て熱さに慣れておくのが適しているといえます。
ただし夏場の練習では熱中症対策を行ってください。