軽井沢マラソンの特徴を攻略しよう!

これから軽井沢マラソンの特徴や攻略に関する情報を書きます。

軽井沢マラソンの特徴

軽井沢マラソンは、2018年5月20日に開催されるハーフマラソンです。
新緑の軽井沢を駆け抜けるハーフマラソンは21.0975㎞の18歳以上の一般男子と一般女子の参加するコースと、全長2.1㎞のファミリーペアが走るコースがあります。
20以上の保護者と小学生が条件です。
旧軽井沢のメインストリートから木立の美しい別荘地まで軽井沢の様々な魅力を楽しむことができるのが特徴です。
高低差があまりありませんから走りやすいコースと言えます。
スタートは軽井沢プリンスホテルイーストスキー場です。
ランナーや参加ボランティアにパスポート提示することで様々な施設やお店で割引やプレゼントがもらえるのも魅力のひとつになります。

軽井沢マラソンを攻略するには

軽井沢マラソンは、大会自体がお洒落で華やかな大会です。
参加人数が5500人を超える規模で女性ランナーも多いです。
何より軽井沢という土地柄なので、ランナーの服装もオシャレなイメージです。
ファッショナブルな大会をめざす運営者側の意気込みも感じられます。

まず言えるのは、走る人数に比べてコースが狭く舗装されていない地面むきだしの場所も一部あります。
タイムを狙っていくランナーには不満が残るコースと言えます。
常に走っている場所の周りが混雑しているので周囲に気を遣いながら走る必要を感じます。
中軽井沢駅を折り返した4㎞過ぎから自分のペースで余裕を持って走るペースで走ればいいです。
逆にいうとそれまでは、コースが混雑していて走れない可能性が強いということです。
軽井沢駅前から旧軽井沢銀座へは新鮮で心地よいです。