マラソン

No Image
人類が長距離を走るようになったのはいつ頃?

人類の脳が大きくなりだしたのは200万年前頃からで、肉を食べる事で体が大きくなり長距離走に向いた筋肉や骨格に変化し、さらに走るのに必要な脳の前頭葉が大きくなり、脳も500g程度から現在の120 ...