確定申告をしてきました。

2018年3月8日

今年の確定申告は白色申告です。やよいの白色申告と言う申告をするのに非常に便利なサービスを利用させていただきました。必要な項目に入力するだけであっという間に確定申告書類が出来上がります。
白色申告なので青色申告と違い比較的簡単にできることもありますが、
青色申告も簡単にできそうな感じがするので来年は節税効果のある青色申告を送信しようと思います。

私は車を買うので減価償却の計算をしなくてはいけません。その点もやよいの青色申告は簡単に減価償却の計算をしてくれるのでとても安心できます。確定申告は、実は難しくないのです。
難しくしているのは慣れていないからであって一年に一度しか作業しないので当然なれません。
会計事務所のようにいくつも多く確定申告をそれは当然詳しくなりますが個人の確定申告の場合は一年に一度という非常に上達しにくいわけです。
なのでクラウドサービスとして弥生の会計ソフトを長期的に利用していくのはとても効率的な確定申告を行えるでしょう。
個人事業主の確定申告はやり方次第ではなくになります。今年一年来年の確定申告を楽にするために口座の連携するサービスもあります。事業用の口座として入金出金を自動で設定できるので入力する手間も省けます。今年にすることは現金出納帳だけではないでしょうか。領収書をもらったりするものに関してはどうしても手入力が必要だと思いますが実はレシートを取り込める昨日もあります。
一番の魅力は無料なのに確定申告の決定版という点ではないでしょうか。
フリーランスはもちろん会社員で副業ある一定の収入がある方はぜひ試してみたほうがいいと思います。

今月もあと三日で終わりますが今年は順調に売り上げが立っています。3月4月の売上を見て減価償却を加味して車を買おうと思っています。リースという形であれば100%経費として落ちるようですが、審査が通るかどうかが問題です。もし審査が通るのであれば車両運搬費として車を利用した方が絶対お得です。
でも個人事業主だとなかなかリースというのは通りにくいでしょうですのでリース以外の方法になりますが、現金で買うかクレジットで買うかという点になってくるかと思います。現金で買うのは一見正しいように思えますが減価償却で車を計上する以上を300万円の車を現金で買うのは疑問が残ります。
300万円全部2018年に経費計上できれば嬉しいですが経費計上できるのは1/5の60万円。
ということは単純に300万円引く60万円で240万円は経費計上できない計算です。ということはその金額に対しては課税されます。
後で税理士さんに相談しようと思いますが税金のことを考えると車というのはどういう買い方をするのが理想的なのでしょうか。