3時間走った結果

勢いで走る

今朝は本当に暖かい朝でした。朝から天気がいいと走りたくなる。走りたくなるには、何かしらのきっかけはあるのであろうが、
私の場合、ストレス発散でもあります。デスクワークをしていると、パソコンのキーボードをカタカタ叩く。
8時間以上、カタカタするので、当然ながら肩もこってくる。
現代は、肩こりが激しい時代だと思います。パソコンとスマホなどの普及がそれを後押ししています。
走るのには準備が必要な人もいれば、必要ない人もいる。
私は、100円玉を5枚ほどポケットにいれて、準備運動もせずに走り出す。
小銭を用意しておく理由は、10キロ走ると水分補給したほうがいいので、途中でポカリスウェットを購入するためにです。

汗をかいたら飲むもの

水分補給の際に思い浮かべるのは、清涼飲料水でしょう。でも、本当はどんな飲み物がいいのでしょうか?
汗を出す際に塩分も体から出ていきます。だから、塩分を吸収できる水分補給がいいわけです。
腕にはだいたい塩がでてくるのが、長時間走ってるときの現象です。今回も2時間くらい走ったときには体から塩が出ていました。
汗をたくさん出した証拠でもあります。

3時間も走るととても達成感があります。
距離にすると25キロぐらいでした。自宅に帰ると、シャワーで汗を流します。そして、体重計にのって・・・。
思ったより減量できていないときもあります。

それから、洗濯をまわして、プロテインを飲みます。筋肉通になるので、欠かせませんね。
筋肉の修復に役立つたんぱく元は、必須ですね。マラソンは走ったあとは最高ですね。

未分類

Posted by infobooks