20キロ(ハーフ)を完走する秘訣

今日は、天気も快晴。仕事も順調!というわけで、10時から走ることにしました。20キロ走るとなると準備が必要です。まずは、タオルです。汗も大量にでるので吹かないと目が痛いです。そして、水分補給のポカリスウェット。500で十分です。私の場合は、手ぶらでランニングするのですが、リュックを背負って走る方や、ポシェットを巻いて走る方もいますよね。自分のスタイルはどれがいいかは自由です。

マラソン大会では給水場があるので、水分補給の心配はありません。しかし、練習となると走るコースに水飲み場があればいいですが、塩分補給が大事ですから、清涼飲料水がおすすめです。20キロ走ると、腕から塩が固まってるのを確認することができます。こまめな水分補給はとても大事。あとは大会中に走りながら飲むということができないと、タイムロスになります。だから、走りながら水分補給をする練習って実は重要なんですよ。私は、タイムロスになるけど、立ち止まって飲みます。笑い

夏の匂いが感じられるようになりましたね。サイクリングロードを走っていると、周りの木や草木からマイナスイオンと匂いが強くなった気がします。今日は、走っていたら、右腕にてんとうむしがついていました。応援してくれたかのように一緒に走りました。ちょっと前まではハチに恐怖を感じながら走りましたが、最近はとても走りやすいです。ランニングを始めるには最適でしょうね。