キーワード探しのコツについて

検索エンジンから集客するためにはキーワード選びが重要です。
だからユーザーのニーズであるキーワード探しが上手にできるかできないかで売上に大きく影響してくるわけです。
キーワード探しについてはキーワードプランナーなどツールを利用すると言うのは有名です。
ただし、ツールにはツールの良さがあり悪さもあります。ツールの良いところは利用して、
それにプラスしてオリジナルのキーワード探しというのを見つける必要はあると思います。

キーワード探しの成功失敗

あたりのキーワードはずれのキーワードというのがあって、
あたりのキーワードをどのくらいの確率で当てられるかというのが肝になってくるのではないでしょうか。
そのためにテストという概念が大事になってくると思います。
一番最初に試してみるキーワードを10用意します。
そして、一定期間様子を見て検証します。
この時に大事なのがテストなので効率よく検証するというのと正確に検証するための仕組みが必要です。
十個のうち一つでも当たりキーワードが見つけられればいいのですが、見つからない場合もあります。
しかしそこで諦めないで違うジャンルのキーワードをもう一度中キーワード挑戦します。
今度はどうになるのでしょうか。当たりキーワードが見つかればそのキーワードは収益を生み出してくれるので嬉しいものです。

見つからない時は、発想の転換というのも重要で自分がどんな発想でキーワードを選んだのか。
質問することによってキーワードを探すテクニックが上達します。
上手な質問とは例えば
毎日利用しているサービスは何だろう?という疑問から出るキーワードは人によって様々です。
だからキーワードというのはユーザーのニーズなので検索する利用者の頭の中がとても重要なんです。

検索ボリュームの重要です。検索数が月間100のキーワードと月間1万のキーワードでは需要が異なります。
かといって月間30万キーワードというようなボリュームもあります。
そして、季節変動など2月だけ需要が発生するキーワードというのもあります。
例えば、2月で言えばバレンタインデーや確定申告というのはユーザーの人数はあります。
ユーザーのニーズというのは日々変わるものだし新しく生まれていくという大前提があるのでキーワードというのは
常にアンテナを張っていないと気づかないものでもあります。

トレンドという言葉がありますが一時的なトレンドもあれば絶対的なトレンドもあります。
テレビでやるドラマなどは放送中は極めてトレンドが発生してユーザーのニーズもあるため
キーワードボリュームは増えます。しかし放送が終了するとユーザーの人数はなくなっていきます。

一日中キーワードを探すというのは非常に疲れます。なのでおすすめは一日に5個とかをピックアップしておきます。
そして、テキストやメモ帳などに残しておいて後日そのキーワードについて検証します。
この温めておくというのが結構良かったりするので試してみるといいですよ。

その他、雑誌から言葉を拾うというのがあります。
リラックスした状態で雑誌をペラペラめくっていくと思わぬキーワードを見つけることができます。やはりここでもアンテナを立てていると目に入ってくるのにも変わります。
キーワード探しという自分の中の絶対的な体気をしっかり持っておけば、
当たりキーワードというのは見つかる確率が上がっていることは経験済みです。100%あたるというのはないので、
10%でも20%でもいいから充てるということが大事だと思います。
もう一点あります。ニュースから言葉を拾うというのもできます。言葉を拾うことを探す知らない言葉を探すという発想の方がいいかもしれません。
そして、検索結果数というのも一つの指標となるでしょう。
検索結果10万件情報があるのと100万件の情報があるのでは検索需要も異なります。しかしあくまで指標なので注意してください。

キーワード探しの時間帯

キーワード探しにふさわしい時間帯があるのか?
朝起きてから寝るまでの間、人間の脳は疲れていきます。
と言っても朝一が一番いいというわけでもなく寝る前がいいというわけでもありません。
適度に集中できる時間帯というのは人それぞれ違いますが、午前中の1時間を集中して取り組むといいかもしれません。
1日8時間もキーワードを探す作業をしたことをある人は数少ないかもしれません。
作業量に応じてキーワードというのは財産になっているのでピックアップしてたくさんテストにして
関連性の高いキーワードをどんどんどんどん見つけていく。これに尽きると思います。
後は歩きながら考えるというのは非常に効果的で机の前に座っているようにがメモ帳を持って歩きながら考えるというのは効果的です。
運動中に閃くというのもあるのでランニングやジョギングをするというのも良いと思いますがキーワード探しと言う作業を再現性をもって行うにはランニングはジョギングというのはちょっと厳しいかもしれません。
机の前に座ってもらう、その上でキーワードを見つけてもらう。
作業者の生産性を上げていることがテーマですね。
では生産性を上げるにはどうしたらいいでしょうか?
ビジネスマンなら誰でも生産性を上げる、効率よく仕事をするというのは重要なテーマだと思います。
生産性を上げるにはどうすればいいのでしょうか?
結論から申し上げると生産性を上げるにはやらないことを決めるということではないでしょうか。
そのために自分の作業の棚卸が必要になります。
1日の中の作業をすべてピックアップして本当に必要なことなのか?
やらないとどうなるのか?ということを決定的に行う作業が大事だと思います。

生産性を上げるための道具を上手に使う
デジタル機器を上手に使うと生産性が飛躍的に向上します。
無料のものから有料なものまでたくさんあるので利用していない方は取り入れると大きな改善がされます。
ビジネスツールとしてWebサービスで解決できるものは本当にたくさんあります。
アプリなども効率化ツールというジャンルでもたくさんあるので検索して試してみるといいと思います。

キーワード探しのまとめ

1.とりあえずのキーワードをリストアップします。
2.そしてそのキーワードでテストします。
3.最後に検証します。インプレッション数やクリック率などです。
そして、再び1番から3番までを繰り返します。
これをデータベースとして蓄積することができれば大きな財産となります。
キーワード検索のデータがあるというのは関連事業をする上でもとても大きなデータです。
収益を生み出しながら次のアイディアの種になる可能性もあります。
お宝キーワードを是非見つけてくださいね。

web集客

Posted by infobooks