怪我に泣かない体を作る

2018年3月15日

ランナーにとって一番辛いのは走れないということでしょう。
レースの結果良いタイムでゴールできた、できなかったというよりは、
怪我で走れないということなのではないでしょうか。
だから人間本来の脚力を支えるランナーの科学的根拠を理解する必要があると思います。

ドロップの恩恵
まず知っておきたいのが人間本来の立ち方というのがあります。
実は人間は体から少しだけ突き出し寄りかかり、
腰をそることでバランスをとって楽な姿勢を保っています。
スピードアップやホーム改善などたくさんの気をつけたいポイントがあると思いますがポイントはよっちです。
下半身を楽しく立てたまま股関節を屈曲。
膝を伸ばしすぎずに体の真下に着地させる
後ろ足で切り出すず出来るだけ遠くに着地する
足上げ二に足首の関節を伸展させずに排泄させる
このようなトレーニングがあるので汚れ癌にならない体をつくるための一つの手段として取り組んでもらえればいいと思います。

メリットを5つ紹介します。
自分のフォームの確認ができる
無駄のない体重移動が身につく
使いこなせると障害が減る
スピードを出すフォームが身につく
トレーニングやトレイルランなどにも向いている

そしてデメリットです。
初心者には扱いが難しいの一言です。だからゼロドロップの使い方をじっくり研究する必要があります。

コラム

Posted by infobooks