サブ4を絶対に達成したい

サブ4を達成する特集などがよくランニング雑誌はありますが、
非常に参考になります。

まず目標を設定します。サブ4を達成するのかしないのかということですね。
サブ4を達成したいのであればもうすることは決まってきます。
日常行動から少しずつ変えていかないといけません。
市民ランナーの方は仕事や家事など日々の業務に追われて忙しい日々を過ごしている。
だから走行距離を増やすというのは時間の作り方を工夫しないと達成できません。
最低月150kmを走った方が良いと言います。
これって有線順位を上げないと結構達成するのが難しい走行距離になるランニングには
効率性を求める傾向がありますがランニングを勉強と違って一夜づけか聞かないスポーツなんですだから
自主性計画性をしっかり行わないとサブ4を達成は永遠のままでしょう。

1ヶ月に150km走るということは休みの土日の休日の日に二十キロ走ったとしても足りません。
どうしても平日の走り込みが必要になるわけです。マラソン大会によっては3か月前というのが冬というのがあります。
この時期はどうしても外を走るとなっても朝、夕方はすぐに暗くなってしまうため時間を調整するのが難しい時期。
だからトレーニングジムに行って走るということをする必要が出てきます。
10分でも20分でもいいから走る時間を確保するのが究極のテーマだと思います。
ほとんどのサブ4ランナーは三日月2最低100kmは走っている方がほとんどです。
もちろん平日などは仕事で忙しいので休日の時の時間の使い方を十分有効活用していることは間違いないでしょう。

週末の時間で20kmから30km走るというのはとても重要になります。フルマラソンの場合35km時点から急にエネルギー不足や足の痛さが見受けられるようになるからです。大会の2ヶ月前にはハーフレベルは走っておくとフルマラソンの前も感覚がつかめます。
しかし走り込みすぎて足の疲れを限界に来る時期もあります。その時は休養はもちろん重要ですので走り込みおやすみ水泳や自転車など体を鍛える方法を変更するのもひとつの方法です。

サブ4を達成した人から見るとサブ4はそんなに難しくないと言います。そして多くの方がサブ4は達成できるというのが物語っています。1km5分40秒平均で走り続ける必要があるのですが給水を考慮すると1km5分30秒というケースが条件であると考えられます。
当然1km5分30秒で走るということは普段の練習から1キロ5分ぐらいで走っておかないと5分30秒というのは辛い早いペースになってしまいます。
専門的な用語になってしまいますがクーパーの予測式よりサブ4に求められる最大酸素摂取量というのがあります。

1分間に利用できる酸素摂取量の最大値でどれだけ有酸素エネルギーを作れるかとに関わっています。
最大酸素摂取量を向上させるために必要なのは1km5分のスピード練習です。やはり辛いですがスピード走が重要になってくるのですね。

3月になると朝は6時には明るくなっているので朝ランは可能だと思います。そして30分から40分間走って朝支度をするそして出勤ということはハードルは決して高くないと思います。ただし朝はまだまだ寒いのでしっかり着込んで走らないと怪我の原因になりますので十分に注意しましょうね。

未分類

Posted by infobooks